多彩な暇日を過ごす、一人の学生の不定期日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悲劇のヒロイン
2016年12月18日 (日) | 編集 |
私は悲劇のヒロインが嫌いだ。

人が経験してきた苦難は、その人によって感じ方が違って、
比較できないと思っている。

だから「自分は一番不幸だ」と言って
同情を誘うような行動は、自分にはできない。


しかし、私が愚痴を言って他人から励まされる度に
「自分は悲劇のヒロインになっているのではないか」と感じ、吐き気がする。

それと同時に、相手への申し訳なさが襲ってくる。
私の苦難は他の人が思っているよりも些細なことなのだ。
クズな私に同情する価値はない。

こんな自己矛盾と、葛藤と、弱さを抱えながら
何とか何とか生きていく。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。